肌の保湿をして予めにきびを防ぐ

ニキビというと思春期の頃によくケアしたものだと思っていると思いますが、成人になってもニキビが発生する可能性はあります。普段からのお手入れで充分予防はできることですが、それを怠ったり、日常のスキンケア方法が誤っているとニキビができてしまいますので、正しいスキンケアと日頃のニキビ予防はしておきましょう。

 

まず、ニキビを防ぐ為には顔にある余分な油分をしっかり摂ることからです。たとえば化粧を落とす時にオイルクレンジングで落とすを使う方も多いと思いますが、その時に使うオイルが毛穴を詰まらせてしまうことでニキビの原因となる場合があります。毛穴のつまりを感じる時にはオイルクレンジングは避けた方が良いでしょう。

 

また、油分が顔についている状態でオイルクレンジングをするとニキビができやすいですし、ニキビができている上でオイルクレンジングをすることでニキビの状態が悪化しますので、お肌の状態が気になるようならジェルクレンジングなどオイルが少ないものを使うと良いです。

 

そして、油分よりも日頃の保湿を意識しましょう。保湿美容液を肌に付着させ保湿をすることで肌が柔らかくなりますし、そのことで毛穴が詰まりにくくなりますので、効果的です。
さらにビタミンCを含めた美容液であれば皮脂の発生を抑えますので、よりニキビはできづらくなります。